お墓じまい

墓じまいに必要な手続きとは

お墓参り

墓じまいとは、簡単にいうとお墓のお引越しをするために、お墓を閉じることです。管理ができなくなった墓石を解体、撤去後更地にしてお墓を閉じます。受け継ぐ人がいなかったり、遠方でお墓参りをする人がいないときに行います。近年では金銭的な問題よりも少子化により受け継ぐ人がいないため、墓じまいする人が増えています。
それでは、墓じまいにはどういった手続きが必要なのでしょうか。1遺骨の行き先を決める。改葬先から受入証明書をもらう。2墓地管理者に墓じまいすることを伝え、埋葬証明書をもらう。3お墓がある市町村役場から改葬許可申請書を取り寄せる。市町村により、遺骨の数で枚数が異なるので、確認が必要です。4受入証明書、埋葬証明書、改葬許可申請書を提出し、改葬許可証をもらう。5閉眼供養を行う。遺骨を取り出す際に行う儀式のことです。6更地にするため、石材店に古い墓の解体、撤去を依頼する。7移転先の墓地管理者に改葬許可書を提出し、埋葬する。
以上が墓じまいの主な手続きです。そして、墓じまいする際には必ず親族内で意見をまとめてから行いましょう。1人が決めてしまうと、トラブルの元になってしまうこともあります。後継者がいないときは、早めに話し合いをして、決めておくと良いでしょう。

少子高齢化に伴う墓じまい

近年、最も大きな社会的問題として取り上げられている「少子高齢化」。今後も人口減少が進む事が予想される日本。若い世代が減少し高齢者が急速に増加傾向にある現実は深刻ですが、私達若い世代が今現在こうしてこの世に命を頂き生きていられるのは、ご先祖様あっての事だという事を忘れてはなりません。
が、しかし、昨今の不安定な社会情勢や不況のあおりで日々の日常生活が精一杯である人達も少なくありません。そんな中、ご先祖様を代々継承していく事が非常に困難な時代になりました。檀家としての経済的負担、法事、お盆、お彼岸等の節目の行事の費用も重くのしかかります。様々な家庭事情で「墓じまい」は他人事ではありません。墓守の継承者が途絶えてしまう前に永代供養や墓じまいが急務です。
最近、墓じまいに散骨をセットにしたプランを旅行会社が提案されています。故郷の海や旅行の思い出の地ハワイ等々、故人の思いと家族の思いを代行してくれる新しい発想のサービスです。変わり行く世の中と現代社会の実情とが複雑に絡み合い、この先生きていく上でお墓の問題には必ず直面しますが、ご先祖様を敬う気持ちと生かして戴いているという感謝の気持は決して忘れてはなりません。

自分ひとりでお墓を守れないと思ったとき

墓じまいと言う言葉ですが、あまり聞き慣れない言葉ですよね。私も自分がその身になるまでは聞いたことすらありませんでした。私の場合は旦那のご両親が早くに亡くなってお墓が存在したことで、夫婦でたまにはお参りし、毎年掛かる費用を払っていくのが当たり前でした。
ですが、色んなことがあり旦那も先立ってしまい、全ての管理が私に残ってしまいました。遠くの地に嫁いでいたため、独り身になった私は実家へ帰ることに決めました。その場合に問題になるのが、お墓だったんですね。もう管理できないので解約で!と携帯電話の契約に様には行かないですし、周りの親族の意見もあると思います。しっかり文句の出ないよう親族と話し合った上で、お寺の納骨堂で永代供養をしようと決めました。
永代供養に行き着くまでに行うことの1つが“墓じまい”になります。所謂、墓の処分と引越しです。・墓地の管理者に連絡をして墓じまいの許可をもらいます。・魂抜きと遺骨取り出し、お墓の閉眼供養を近くのお寺さんなどにお願いします。・墓地と墓石の処分方法などを決めて必要業者にお願いします。
その後はお墓に入れる時と同じように移転先に許可を貰って、必ず市町村に届け、改葬許可申請書を貰っての手続きになります。お墓をしまってお寺に永代供養をお願いする。これで無縁墓にもならず、毎年供養して貰えるので、自分のライフスタイルも維持でき、心配ごとも小さく出来るという形になります。

墓じまいから得られる恩恵

みなさん墓じまいとは何か、知っていますか?初めて聞いたなんて方も、少なくないかと思います。あまり、馴染みのない言葉かもしれません。墓じまいとは、お墓を維持していったり、遠方にあるお墓な為なかなか手入れなどをしに行くのが、厳しいお墓又は遺骨を移動することです。お墓を解体または撤去します。簡単に言えば、お墓のお引越し作業です。 墓じまいのメリットとしては、田舎の方などにお墓がある方は、先祖の家墓を持ち続ける負担が無くなるということです。やはり、田舎の方などにある場合、なかなか手入れなどにも行く事ができないと思います。その場合、壊れてしまったりなどして良い状態を、保てません。良い状態を保つためには、お金がかかってしまうなどの負担ができてしまいます。 これらの負担を無くすことが出来るのが、墓じまいです。遠方にいなくとも、墓じまいを行えば管理費や維持費などがかからない為、コスト削減できます。墓じまいをすれば、金銭面での負担が減るのが大きなメリットとなるかと思います。墓じまいをする場合は、市町村が発行している改葬許可書が必要となります。この点は、注意してください。是非、なかなか手入れをすることが出来ないお墓がある方は、墓じまいを検討してみてはいかがでしょうか?


将来的に考えていかないのが墓じまいです。墓じまいは費用がかかります。そう簡単にできるものではないのですが、もし墓じまいをしようと考えている方に、「美匠」さんに相談してみましょう。お客様の予算を考慮した墓じまいのプランを提案してくれますので、しっかりと墓じまいを行うことがこちらならできるのではないかと思います。

Post List